目元 化粧品

目元ケア、何歳から始めるのが正解?

目元を若々しく保つためには、目元専用のケアをする必要が
あります。
例えば目元クリームや紫外線ケア、マッサージやツボ押しなどです。

 

そんな目元ケア、日本ではケアを始める年齢が遅く、
ある調査によると『40歳前後』で始める人が多いようです。

 

しかし、目元ケアは始めるのに『早すぎる』ということはありません。
目元にトラブルが出てしまってからでは
改善するのは大変。

 

まだお悩みが少ないうちから、目元ケアを始めることを
おすすめします。

 

とは言え、そんなに難しいことはありません。
まずは目元の紫外線対策をしっかりして、
普段お使いの基礎化粧品を目元にもこまかく付けるだけでもOKですよ。

 

主観としては…25歳くらいから目元のシワなどが気になるようになったので、
それまでに目元ケアを始めるといいのかなと思います。
もちろん、個人差はありますが、『目元ケアは早めに』を
意識してみてくださいね。

目元ケア、早めに始めるのがおすすめ…な理由!シワのできる過程をお教えします

目元ケアはまだいいかな…と思っている方!
目元ケアは、20歳を過ぎたら意識した方が良いみたいですよ。

 

その理由は、目元の『シワ』の定着過程にあります。

 

最初から目元に深いシワがある人はあまりいません。
最初は、表情に合わせて出来る『表情ジワ』から始まります。
この表情ジワは真顔に戻ると消えてしまうのが特徴。

 

これが少し進むと、真顔に戻ってもシワが短時間残る、
『くせジワ』になってしまいます。

 

ここでもまだお手入れをしないと、シワが完全に定着して
目元に深いシワが刻まれてしまいます。

 

表情ジワの変化過程を遅らせたいなら、早い段階で
目元ケアを始めるのが吉です。

 

具体的には、目元の乾燥を防ぎ、弾力を保つことで
シワの定着を予防することができます。
表情ジワが癖になる前に対策しましょう!

目元ケア用品の正しい使い方はこれ!目元クリームの塗り方のコツとは?

目元ケアの専用基礎化粧品、『目元クリーム』は、
目元の乾燥を防ぎ、ハリを出してくれるお助けアイテムです。
目元 化粧品の中でもクリームは大事なアイテムの一つですね。

 

ですが、漫然と塗っただけでは効果半減!
目元クリームの正しい塗り方をお教えします。

 

まず、化粧水、乳液などで肌を整えたあと
目元の皮膚を少し引っ張り、シワが伸びた状態にします。

 

そこへ、目元クリームをオン!
こすらないように、優しく肌に乗せます。

 

その後、シワに逆らうように(目の下だったら、目じり→目頭)
目元クリームを指の腹で少し押さえこむようにしながら
浸透させていきます。

 

この塗り方だと、目元のシワの凹んだ部分にも
美容成分を浸透させることができます。
試してみてくださいね。

 

目元ケア用品は効果的に使って良い結果を出したいですね!
目元の皮膚を引っ張る時は、あくまでも優しく…を心がけてくださいね。